logo

アイマス好き記者がスマホゲーム「デレステ」を3年ぶりに独断と偏見で振り返る

佐藤和也 (編集部)2020年02月01日 08時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CNET Japanの編集記者が気になったサービスや話題のトピックなどを、独自の視点で紹介していく連載「編集記者のアンテナ」。主にゲームを中心としたエンターテイメント領域を取材している佐藤が担当。今回はバンダイナムコエンターテインメントからリリースされているスマートフォン向けゲームアプリ「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」(デレステ)について、過去2016年1月2017年1月に紹介したが、3年ぶりに独断と偏見を交えながら取り上げる。

アイドルたちが歌って踊るリズムゲーム。コミュニケーション要素の「コミュ」も

 本作は、ソーシャルゲームを基点に多方面に展開している「アイドルマスター シンデレラガールズ」をテーマとしたリズムゲーム。メインであるLIVEパートでは、楽曲にあわせて、リズムアイコンをタップしていく内容。タイミングによってPERFECTやGREATといった判定がなされ、タイミングがあわないと画面左上のライフゲージが減っていき、0になると楽曲の途中でもLIVE失敗として終了してしまう。LIVEをクリアすると、その楽曲における「MVモード」が解放。アイドルのLIVEパフォーマンスを鑑賞できる。

LIVEパートにおけるWIDEモードでは、5カ所あるアイドルの顔が描かれたアイコンと、上から降ってくるリズムアイコンが重なったところで、タイミングよくタップしていく。「同時」「ロング」「フリック」といった操作もある
LIVEパートにおけるWIDEモードでは、5カ所あるアイドルの顔が描かれたアイコンと、上から降ってくるリズムアイコンが重なったところで、タイミングよくタップしていく。「同時」「ロング」「フリック」といった操作もある
 WIDEモードの場合は5つの難易度が用意され、そのうち4つについては、定められたスタミナを消費してプレイする。最高難度の「MASTER+」は、「MASTER+チケット」が必要となっている(一部対象外楽曲あり)
WIDEモードの場合は5つの難易度が用意され、そのうち4つについては、定められたスタミナを消費してプレイする。最高難度の「MASTER+」は、「MASTER+チケット」が必要となっている(一部対象外楽曲あり)

 ライブの演出には「3Dモード」と「2Dモード」があり、さらに端末のスペックやプレイスタイルにあわせて「リッチ」「標準」「軽量」がそれぞれに用意されている。

3Dでは3Dモデルのアイドルが登場。ステージで歌い踊るだけではなく、ミュージックビデオさながらの演出が盛り込まれた楽曲もある
3Dでは3Dモデルのアイドルが登場。ステージで歌い踊るだけではなく、ミュージックビデオさながらの演出が盛り込まれた楽曲もある
2Dモードではぷちデレラたちが登場。さらに一部の曲で選択できる「2Dリッチ」では、固定のMVオリジナルユニットによる、カットインなどの演出も入ったステージを展開する
2Dモードではぷちデレラたちが登場。さらに一部の曲で選択できる「2Dリッチ」では、固定のMVオリジナルユニットによる、カットインなどの演出も入ったステージを展開する

 このほか、アイドルの素顔が垣間見えるコミュニケーション要素の「コミュ」では、アイドル同士の絆や成長といったシンデレラガールズの世界観を描くストーリーコミュをはじめ、アイドルになった経緯など個人にスポットをあてたアイドルコミュなどが用意されている。

ストーリーコミュでは、アイドル同士のやりとりを楽しめる
ストーリーコミュでは、アイドル同士のやりとりを楽しめる
アイドルコミュは、アイドルとプロデューサーが1対1で向き合う内容になっている
アイドルコミュは、アイドルとプロデューサーが1対1で向き合う内容になっている

 アイドルは主に「ガシャ」をはじめ、LIVEパートやゲーム内イベントの報酬によって入手できる。個々に親愛度が設定されており、LIVEパートの参加やアイテムなどによってMAXまで上げ、特定の特訓アイテムを使用することで特訓が可能。「+」という形でイラストが変化するとともに、レベルの上限が上がりステータスも上昇。さらにアイドルコミュで固有の特訓エピソードも閲覧できるようになる。

ガシャは、スタージュエルを使用する「プラチナガシャ」や、ゲーム内で付与される友情ptを使用する「ローカルガシャ」などがある
ガシャは、スタージュエルを使用する「プラチナガシャ」や、ゲーム内で付与される友情ptを使用する「ローカルガシャ」などがある
特訓とは別に、同一アイドルカードを複数保有している場合、「スターレッスン」によってスターランクを上げることが可能。LIVEで獲得できるマニーの量が増加するなどの効果がある
特訓とは別に、同一アイドルカードを複数保有している場合、「スターレッスン」によってスターランクを上げることが可能。LIVEで獲得できるマニーの量が増加するなどの効果がある

 事務所風の部屋を、箱庭感覚で彩ることができる「ルーム」も搭載。部屋のなかではぷちデレラたちが動き回り、ぬいぐるみを抱きしめるなど、設置したルームアイテムによってさまざまな反応を見せる。設置できるルームアイテムは基本的に装飾物ではあるが、LIVEパートでの各タイプのアピール値が上昇するなど、設置することによって効果を発揮するものもある。

ルームでは、箱庭感覚で背景も含めてさまざまな部屋を作ることができる、
ルームでは、箱庭感覚で背景も含めてさまざまな部屋を作ることができる
設置したルームアイテムによっては、特有のアクションをすることも
設置したルームアイテムによっては、特有のアクションをすることも

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]