logo

グーグルの新たなAR機能でバーチャルなものがよりリアルに

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高橋朋子 (ガリレオ)2019年12月10日 11時32分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートフォンの拡張現実(AR)は、バーチャルな物体を現実の物体に重ねて表示するが、両者の違いを見分けるのはさらに困難になるかもしれない。Googleの「ARCore」技術がアップデートされ、部屋の深度を感知して、スマートフォン搭載カメラだけを使ってバーチャルな物体を現実の物体の背後に隠せるようになった。初期の成果には期待できそうだ。

Google
提供:Google

 Appleの最新ARツールセット「ARKit 3」にもこの機能があるが、最近の「iPhone」や「iPad」のみに対応している。GoogleのARCoreも対応する「Android」端末が必要となるが、物体を隠す技術(オクルージョンと呼ばれる)と新しい「ARCore Depth API」を搭載したアプリで、家具やペットの動物といったバーチャルな物体が実世界になじむようにすることを目指す。

Google
提供:Google

 Googleは2019年に入ってスマートフォン向けARでいくつかの動きを見せているが、多くは実用的な用途に利用されるものだ。今回のオクルージョンに最初に対応するアプリの1つ「Houzz」では、この技術を利用し、バーチャルな家具を現実の部屋にただ重ねるのでなく、ソファの背後に隠れるように表示するなど、家具を配置した状態をよりリアルに確認できるようにする。

 オクルージョンはGoogleの「Scene Viewer」を利用して、一部のARCore対応のAndroid端末で米国時間12月9日より利用できるようになっている。Scene Viewerは、「Google検索」で検索された動物をAR表示することも可能にする開発者向けツールだ。

Google
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]