logo

米国のテレビ広告、2018年が支出額のピークだった--2022年には全広告の25%未満に

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 eMarketerは、米国の広告市場に関する調査結果を発表した。それによると、2018年のテレビ広告に対する支出額は724億ドル(約7兆8771億円)で、これがピークだったという。2019年は前年比2.9%減の703億ドル(約7兆6486億円)となり、広告市場全体の3割を切ると見込む。

米国のテレビ広告は2018年が支出額のピーク(出典:eMarketer)
米国のテレビ広告は2018年が支出額のピーク(出典:eMarketer)

 2020年は中間選挙と東京オリンピックの影響で、前年比1.0%増と予測。ただし、長期的には下落傾向が続き、その後は毎年1.0%のペースで支出額が減るとみている。その結果、2022年にはテレビ広告の市場シェアが25%を割り込むとした。

 有料テレビの契約をやめてインターネット経由の映像配信サービスへ移行する世帯は、2019年に前年比19%以上増え、2190万世帯になると予想した。有料テレビの契約世帯数は、全世帯の68.3%に相当する8650万世帯という見通し。これが、2023年には7270万世帯、全世帯の56.5%まで減少するという。

有料テレビの契約世帯数も減少する一方(出典:eMarketer)
有料テレビの契約世帯数も減少する一方(出典:eMarketer)

 テレビを見る時間も以前に比べ短くなっていて、2019年の平均視聴時間は3時間40分で前年比3.0%減。世代を問わず短時間化しているが、特に17歳以下の減少幅が大きいそうだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]