logo

2024年には自動運転車の方が「好ましくなる」と約半数が回答--自動運転の意識調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Capgeminiは、世界6カ国で消費者を対象とする自動運転車に関する意識調査を実施し、その結果を発表した。それによると、「1年後の時点で通常の自動車よりも自動運転車に乗りたい」と答えた人は25%にとどまる。ただし、「2024年には自動運転車の方が好ましい移動手段になる」と考える人は52%いた。

52%が「2024年には自動運転車の方が好ましくなる」と回答(出典:Capgemini)
52%が「2024年には自動運転車の方が好ましくなる」と回答(出典:Capgemini)

 自動運転車でどんなメリットが得られると思うか質問したところ、「燃料効率の向上」(73%)、「温暖化ガス排出の削減」(71%)、「時間の節約」(50%)という回答が多かった。

 自動運転中の車内で過ごす時間を何に使うかについては、63%が友人や家族に関する最新情報を得たり、メッセージや電話をかけたりといった社会的な活動に使うと答えた。また、ニュース確認や音楽、映画、テレビ、読書、ゲームといった活動を57%が、ITツールから離れるデジタルデトックスや睡眠などを48%が、軽いエクササイズや瞑想(めいそう)などを24%が選んだ。

自動運転中の車内で何をするか(出典:Capgemini)
自動運転中の車内で何をするか(出典:Capgemini)

 自動運転機能の搭載された自動車購入に追加費用が必要だとして、どの程度の支払いを許容するか尋ねたところ、1%から20%の追加を受け入れると答えた人が56%いた。追加率0%は25%が、21%から40%は17%が、40%超は2%が受け入れられるという。

自動運転利用に許容できる追加費用(出典:Capgemini)
自動運転利用に許容できる追加費用(出典:Capgemini)

 自動運転に対する意識が肯定的なのか否定的なのか調べると、中国は肯定的が53%、否定的が12%といった具合で、ほかの国に比べ前向きに受け止めている人の割合が高い。6カ国平均では、40%が肯定的、27%が否定的に考えていた。

●6カ国平均

  • 肯定的:40%
  • 否定的:27%

●中国

  • 肯定的:53%
  • 否定的:12%

●フランス

  • 肯定的:39%
  • 否定的:29%

●ドイツ

  • 肯定的:38%
  • 否定的:30%

●スウェーデン

  • 肯定的:37%
  • 否定的:31%

●米国

  • 肯定的:36%
  • 否定的:33%

●英国

  • 肯定的:35%
  • 否定的:35%
自動運転に前向きな中国(出典:Capgemini)
自動運転に前向きな中国(出典:Capgemini)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]