logo

パナソニックと森ビル、AIを活用したセキュリティ技術の実証実験を開始

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは2月20日、森ビルとともに、AIを活用したビルオートメーション(BA)システム向けのセキュリティ技術について、既設ビルでの実証実験を1月末から開始し、東京・汐留にパートナー向けショウルームを開設したと発表した。

 今回の実証実験の開始は、すでに技術研究組合制御システムセキュリティセンター(CSSC)の実験設備において、本技術の有効性が確認されたことによるもの。ショウルームでは、サイバーセキュリティ技術の紹介やシステム監視のデモを行い、技術の認知拡大を図る。

 BAシステムは、ネットワークを利用した集中制御により、省エネや管理の省力化、居住快適性が向上する一方、IP(Internet Protocol)を利用したオープンな規格のプロトコルの採用により、サイバー攻撃の危険性が高まっているという。

 この脅威への対抗策として、パナソニックと森ビルは、BAシステムで主流のプロトコルであるBACnet/IP(Building Automation and Control Networking protocol)による通信を監視し、AIにより普段の通信を学習することで異常を検知する技術の開発を開始した。

 本技術は、制御コマンドのバイト列の異常性や送受信される制御コマンド順序の異常性など、送受信されるパケットからさまざまなタイプの異常性を判定する複数のアルゴリズムから構成され、過去に出現した例がない未知の攻撃に対しても、異常性を判定することが可能だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]