logo

軽くて手ごろなフルサイズ--キヤノン「EOS RP」をじっくり見る

山川晶之 (編集部)2019年02月15日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 エントリークラスのフルサイズミラーレスカメラ「EOS RP」。本体価格は16万500円(税別)、写真の「RF 35mm F1.8 MACRO IS STM」とのセットは、21万9500円(税別)。

 エントリークラスのフルサイズミラーレスカメラ「EOS RP」。本体価格は16万500円(税別)、写真の「RF 35mm F1.8 MACRO IS STM」とのセットは、21万9500円(税別)。

 キヤノンが2月14日に発表した新作フルサイズミラーレスカメラ「EOS RP」。本体価格が16万500円(税別)と、フルサイズセンサーを搭載したカメラとしては安価で、本体重量もバッテリーやSDカード込みで485g(本体のみで440g)と、同社のエントリー向けデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X9i」よりも軽量という、手軽さも兼ね備えている。

 本稿では、EOS RPの各部をじっくり紹介しつつ、兄弟機である「EOS R」との比較、各種アクセサリ、レンズなども含め紹介する。本体の仕様など詳細はこちらでチェックして欲しい。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]