logo

ReproとYappliが連携--“プログラミング不要”でアプリ開発からマーケまで

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2019年01月29日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マーケティングプラットフォーム「Repro」を提供するReproと、アプリ開発・運営プラットフォーム「Yappli」を提供するヤプリは1月29日、アプリマーケティング強化支援サービス「Yappli De Repro」の提供を開始したと発表した。

マーケティングプラットフォーム「Repro」とアプリ運営プラットフォーム「Yappli」が連携

 Reproは、アプリやウェブユーザーの行動・属性データを使った細かなセグメンテーションプッシュ通知やポップアップメッセージの配信が可能なサービス。国内大手企業の多くのアプリに導入されている。一方のYappliは、プログラミング不要でモバイルアプリの開発ができるサービス。管理画面上の直観的な操作でアプリを開発できることから、専門的なノウハウを持たない非IT企業などにも導入されている。

 昨今、企業は新たなデジタル技術を活用することでこれまでにない価値を生み出すデジタルトランスフォーメーション(DX)を目指しているが、それに対応する人材の確保や、ITシステムの導入に苦労している。また、アプリ開発やアプリマーケティング領域においても、「ウェブサービスをアプリ化したいがエンジニアの採用がうまくいかない」「アプリの改善にエンジニアのリソースが取られ、マーケティングに関わる開発ができない」といった課題を抱えていると説明する。

マーケティングプラットフォーム「Repro」
マーケティングプラットフォーム「Repro」
アプリ開発・運営プラットフォーム「Yappli」
アプリ開発・運営プラットフォーム「Yappli」

 これらの課題を解決すべく、ReproとYappliが連携し、新たにYappli De Reproの提供を開始した。この連携により、顧客はプログラミング一切不要でアプリ開発からアプリマーケティングまで可能になるという。Yappliの管理画面上でアプリを開発できるほか、メンテナンスも容易で、アプリストアへのリリース作業も不要だ。

 Reproでは、どのような属性のユーザーがアプリを利用しているか、またアプリ内でどのような行動をしているかを分析機能で可視化できる。それらの属性・行動データを活用して、プッシュ通知やアプリ内メッセージ、広告へのデータ活用などのマーケティング施策を実施できるとしている。

 さらに、アプリだけでなく、ウェブサービスにもReproを連携させることで、ウェブとアプリ間のチャネル横断的なユーザー行動分析とマーケティングが可能。加えて、AIがアプリから離脱しそうなユーザー群を予測・抽出する機能「SmartAudience」の「チャーン予測」により、販促費を抑えながらも効率的なリテンション施策を実施できるようになるとしている。

 なお、2018年12月20日にYappliでアプリをリニューアルをした、オットージャパンが運営するファッション通販アプリ「FABIA」が、すでにYappli De Reproの活用を開始しているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]