logo
Indiegogo

最大5台の同時充電が可能なQi対応デスクトレイ「GAZE TRAY」--Apple製品に最適

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apple製品のファンは、当初2018年発売とされていた純正ワイヤレス充電台「AirPower」を待っていたのだろうが、いつの間にかAppleの公式サイトから姿を消した。発売されず2018年は終わったが、米CNETによると「iPhone XS」用バッテリー内蔵ケースの解説文でAirPowerが言及されており、いよいよ発売が近いのかもしれない。

 しかし、Qi対応のデバイスが増えたこともあり、すでに多種多様なワイヤレス充電台が入手可能な状態だ。今回は、クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で見つけた、デスクトレイとしても機能する「GAZE TRAY」を紹介しよう。

Apple製品に最適なワイヤレス充電デスクトレイ(出典:GAZE TRAY公式サイト)
Apple製品に最適なワイヤレス充電デスクトレイ(出典:GAZE TRAY公式サイト)

 GAZE TRAYは、サイズ295×195×15mmのトレイ。一時的に小物や事務用品を入れておけば、机の上が散らからずに済む。ワイヤレス充電機能を備え、最大3台のデバイスを置いて同時に充電できる。さらに、USBポートを2つ備え、合計5台の同時充電が可能。

3つのデバイスを同時にワイヤレス充電(出典:Indiegogo)
3つのデバイスを同時にワイヤレス充電(出典:Indiegogo)
同時に5台充電(出典:Indiegogo)
最大で同時5台充電(出典:Indiegogo)

 Apple製品向けにデザインされており、「iPhone XS Max」が収まるスマートフォン用Qi充電ポジション、「AirPods」用ケースのサイズに合わせたQi充電ポジション、「Apple Watch」充電に最適な磁石で吸着する充電ポジションがある。Qi非対応の第1世代AirPodsユーザー向けに、ワイヤレス充電対応ケースの付属するセットも用意している。

マグネットはクリップ置き場に便利(出典:Indiegogo)
マグネットはクリップ置き場に便利(出典:Indiegogo)
カラーバリエーション(出典:Indiegogo)
カラーバリエーション(出典:Indiegogo)

 Indiegogoでの目標金額は5000ドル(約55万円)。記事執筆時点(日本時間1月22日14時)でキャンペーン期間は26日残っているが、すでに目標の9倍近い約4万3000ドル(約471万円)の資金を集めている。

GAZE TRAYの紹介ビデオ(出典:YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]