logo

アマゾン「Alexa」や「Echo」、2018年も成長続く--ユーザー数やスキルが急増

Gordon Gottsegen (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年12月21日 13時38分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年は「Amazon Alexa」にとって盛況な1年だったようだ。Amazonは米国時間12月19日、スマートアシスタントのAlexaと「Amazon Echo」デバイスに関する2018年の統計データを公開した。かなり見事な数字となっている。

 Amazonは、2018年に数千万台のEchoデバイスを販売したと発表した。具体的な販売台数は明らかにしていないが、別のかたちでAlexaの急成長を示している。

 Amazonによると、毎日Alexaを使用するユーザーと、1つ以上のEchoデバイスを所有するユーザーの数は、どちらも2018年に倍増した。Alexaができることの数も急増しており、デベロッパーは7万以上のAlexaスキルを開発している。

Amazon Echo
2018年はAmazon Echoにとって良い年だった
提供:Chris Monroe/CNET

 Alexaはこれまで以上に多くの場所で使われている。現在、4500の異なるブランドから2万8000ものAlexaに対応するスマートホームデバイスが登場している。また、Alexaは2018年、複数の新しい言語をサポートし、オーストラリア、ニュージーランド、フランス、イタリア、スペイン、メキシコでネイティブのように対応できるようになっている。

 さらに素晴らしいことに、Alexaは2018年の1年間で1億以上のジョークを言ったという統計も出ている。

 より多くの人々がEchoデバイスを購入し、さらなる提携企業が関わることになれば、それに伴いAlexaでできることの数も増えていく。結果的に、何年も前に購入したEchoデバイスで、新鮮な気持ちをずっと味わい続けられるようになるというわけだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]