logo

ときメモ世代に贈る--スマホゲーム「ときめきアイドル」独断偏見インプレッション

佐藤和也 (編集部)2018年09月15日 07時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CNET Japanの編集記者が日々の取材や暮らしの中で気になったサービスやウェブで話題のトピックなど気になっていることを紹介していく連載「編集記者のアンテナ」。主にゲームを中心としたエンターテイメント領域を取材している佐藤が担当。今回はコナミデジタルエンタテインメントからリリースされている、スマートフォン向けゲームアプリ「ときめきアイドル」(ときドル)を取り上げる。

本作はアイドルをテーマにしつつ、随所に「ときめきメモリアル」シリーズのモチーフやエッセンスが盛り込まれたタイトルとなっている
本作はアイドルをテーマにしつつ、随所に「ときめきメモリアル」シリーズのモチーフやエッセンスが盛り込まれたタイトルとなっている

「ときめきメモリアル」の流れを組む学園アイドルコミュニケーションゲーム

 本作は、恋愛シミュレーションゲーム「ときめきメモリアル」(ときメモ)シリーズの新展開と位置付けられた、学園アイドルコミュニケーションゲーム。プリンセスリパブリック音楽学院を舞台に、同学院のアイドル科に通う15人のアイドル候補生が登場。プレーヤーはプロデューサーとなり、彼女たちの日々の生活をともにしながら、夢の舞台であるメロディアスライブのステージに立つことを目指す内容となっている。

本作の舞台となるプリンセスリパブリック音楽学院
本作の舞台となるプリンセスリパブリック音楽学院
15人のメンバーが、メロディアスライブのステージ立つことを目標に、日々の生活を過ごしている
15人のメンバーが、メロディアスライブのステージ立つことを目標に、日々の生活を過ごしている

 大まかな流れとしては、リズムゲームとなるライブを行いプロデューサーのレベルを上げていくとともに、ゲージがたまると発生するコミュによってメンバーたちの友好度をあげていき、ストーリーを進めていく内容となっている。

 メイン画面ともいえる寮では、レッスン場や屋上、スタジオなどさまざまな場所に行き来することができ、メンバーたちは談笑していたりレッスンに励む姿が見られるなど、日常の姿を垣間見ることができる。スワイプで左右の視点移動や、スマホのピンチ操作で拡大・縮小もでき、寮の様子を眺めることができる。

メイン画面。寮の様子を見ることもできる
メイン画面。寮の様子を見ることもできる
メンバーをタップすると話しかけてくれる。前面で大きく表示されるナビメンバーは、任意で変更可能
メンバーをタップすると話しかけてくれる。前面で大きく表示されるナビメンバーは、任意で変更可能
  • 寮では、ほかのメンバーが談笑したりレッスンをしている様子も見ることができ、タップすると反応してくれる

  • 寮には、メンバーのほかにもネコセンパイという猫もいる。なぜか、専用のコミュまで用意されている

  • ネコセンパイのコミュなどでもらえるたい焼きを、ギフトとしてプレゼントでき、メンバーからお返しのアイテムがもらえる

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]