logo

ときメモ世代に贈る--スマホゲーム「ときめきアイドル」独断偏見インプレッション - (page 3)

佐藤和也 (編集部)2018年09月15日 07時55分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メンバーとのコミュやユニットについても語られるストーリー

 メンバーたちの素顔が垣間見えるコミュやストーリーも用意されている。コミュは、ライブをクリアすることによってコミュのゲージがたまり、一杯になると個別のコミュイベントが発生する。2人での会話では選択肢が発生したり、トレーニングを行うことも。その結果次第で、友好度の上昇にも変化がある。

コミュでは、アイドルたちとさまざまな会話が楽しめる
コミュでは、メンバーたちとさまざまな会話が楽しめる
  • コミュイベント発生時には、ランダムで表示されたメンバーからひとりを選ぶ

  • なかにはクイズを出題するコミュもある。全問正解するといいことが……。

  • アイドルのトレーニングを行うことも。うまくいくとコミュ報酬に変化がある

 また、本作ではメンバーのプロフィールについて初期段階で記載されておらず、コミュを通じて知っていく形となっている。趣味や好きなものをはじめ、体重やスリーサイズなどデリケートな質問もすることができる。また自身のことだけではなく、他のメンバーについてどう思っているかも聞くことが可能だ。

初期状態のプロフィール画面。コミュによって明かされていく形となっている
初期状態のプロフィール画面。コミュによって明かされていく形となっている
アイドルにまつわる質問をして回答すると、プロフィール情報を獲得できる
メンバーにまつわる質問をして回答すると、プロフィール情報を獲得できる。デリケートな質問は断られることもあるが……

 ストーリーでは、個々のメンバーにスポットを当てた「メンバーストーリー」のほか、5つのユニットが組まれており、ミーティングの様子や日常などが描かれた「ガールズストーリー」が用意。また、プロローグをはじめゲーム内イベントで展開された物語も「ゲームストーリー」で見ることができる。

2~4人の5ユニットが存在しており、ガールズストーリーでは、ユニット内でのメンバーのやりとりを通じて、関係性を見ることができる
2~4人の5ユニットが存在。ガールズストーリーでは、ユニット内でのメンバーのやりとりを通じて、関係性を見ることができる

カスタマイズ要素が豊富な着替えと、より一層身近に感じられるVRモード

 ほかにも遊びの要素としては、着替えと撮影が挙げられる。入手した衣装のほか、アクセサリも自由に組み合わせて、メンバーを彩ることができる。そして着替えた姿はメイン画面だけではなく一部のストーリーにも反映される。ライブでも、セットしたカードとは別に設定可能で、任意の衣装やアクセサリを身に着けて歌い踊ることができる。

  • 衣装を変更する際には、リアクションもとってくれる

  • 頭や顔、体に身に着けるアクセサリもセット

  • 設定した衣装やアクセサリは、メイン画面や一部のストーリーで反映される

ライブでも別途セット可能。一風変わったステージを見ることができる
ライブでも別途セット可能。一風変わったステージを見ることができる

 撮影では、ポーズや表情、そして背景も任意に設定が可能。自由な角度から撮影できるだけではなく、目線の有無なども細かく指示ができるようになっている。撮影したデータはPRショットという形で保存ができ、プロフィールなどでほかのユーザーにアピールすることもできる。

  • 衣装やアクセサリはもとより、背景も変更可能

  • ポーズと表情のリクエストに応じてくれる

  • まわりこんで、背中を見ることも可能

撮影のアングルも自由に変えることができ、目線をもらう指示もだせる
撮影のアングルも自由に変えることができ、目線をもらう指示もだせる

 そしてもうひとつ特徴となるのがVRモード。市販のVRゴーグルを使うことによって、VR空間で再現されたメンバーの姿を見ることができるというもの。学院内の施設ではメンバーと会話したり、顔を近づけてくれるような間近で接するシチュエーションが体験できる。ほかにもライブのMVをVR空間で鑑賞することができたり、メンバーに着替えを行ってもらうこともできる。

 なおVRゴーグルがなくても、端末のみで気軽に体験できるジャイロモードも用意されている。もっとも、感覚としては全く別物と思ったほうがいいだろう。

  • VRモード(ジャイロモード)は、視界(画面)中央にあるポインタをメンバーに当てる形で見続けると反応する。寮内で、メンバーに質問されたとき、お願いしたいものを見続ける

  • どちらの選択肢でも、顔を近づけてくるシチュエーションになっている。ジャイロモードでは単なる顔のアップに見えるが、VRモードでは本当に顔が近くにあると感じられるものとなっている

  • 寮で周囲を見渡すと、ネコセンパイがたまに登場。VRモードで見続けると、ネコセンパイの視点で見ることができる

メンバーはネコセンパイだと思って様子を見るように顔を近づけたり、なでたりする。VRで見ると、ドキドキするような体験を味わえる
メンバーはネコセンパイだと思って様子を見るように顔を近づけたり、なでたりする。VRで見ると、ドキドキするような体験を味わえる
VRモードでのライブMVは客席視点ではなく、ステージ上で立ったところからの視点で鑑賞できる
VRモードでのライブMVは客席視点ではなく、ステージ上で立ったところからの視点で鑑賞できる
  • VRモードでの衣装変更は「着替えて!」のアイコンを見続けることで、着替えてくれる

  • ちなみにここでも「回り込み」という形で、メンバーをいろんな角度から見ることも可能

  • プロデューサーが別のところを見ているときに着替えをするのだが、その途中でメンバーを見ると恥ずかしがったり怒り出すことも

着替えが完了。衣装やアクセサリはランダムとなっている
着替えが完了。衣装やアクセサリはランダムとなっている

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]