logo

CCC、共創コミュニティ「Blabo!」をグループ会社化--顧客起点で商品開発

加納恵 (編集部)2018年08月07日 16時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カルチュア・コンビニエンス・クラブは8月7日、共創コミュニティ「Blabo!」を運営するBlaboを、グループ会社化したと発表した。6700万人の生活者データベースを活かした共創マーケティングサービスの提供を開始する。

CCCとBlaboで新たな共創マーケティングサービスを展開する
CCCとBlaboで新たな共創マーケティングサービスを展開する

 Blaboは、2011年から、生活者のアイデアを企業の商品開発に役立て・カタチにする共創コミュニティBlabo!を運営。登録する2万5000人の生活者がプランナーとして企業の商品開発に参加し、アイデアを提供している。日本コカ・コーラ、キリンビール、ハウス食品、森永乳業などの大手企業から、経産省、神奈川県、鳥取県といった行政まで200社以上が活用し、今までに150個以上の商品やサービスのアイデアを生み出している。

 今後は、Blaboが有する「共創コミュニティを活用した生活者インサイト発見システム」と、CCCが有する「6700万人のライフスタイル・データベース」を活用したデータベース・マーケティングを掛け合わせ、顧客起点から商品開発を実現できるサービスの提供を目指す。

 Blaboは、CCCグループが主催するベンチャー企業向け協業プログラム「T-VENTURE PROGRAM」の第四期にて「優秀賞」を受賞しており、グループ会社化は、この取り組みをより効果的なものとして実施したという。なお、Blabo代表の坂田直樹氏は、今後も継続的にBlaboの代表取締役CEOとして経営を指揮していく。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]