logo

radiko、音声によるターゲティング広告モデルの実証実験を開始

加納恵 (編集部)2018年07月23日 15時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 radikoは、音声によるターゲティング広告モデル「ラジコオーディオアド」の実証実験を7月24日に開始する。

「ラジコオーディオアド」
「ラジコオーディオアド」

 ラジコオーディオアドは、聴取番組に関係なくラジコリスナーの年代や性別といった属性でターゲットをセグメントすることが可能な広告モデル。ターゲットのセグメント配信には、ラジコDMP(ラジコがこれまで培ってきた聴取ログやアプリ利用履歴、プレミアム(有料)会員属性データといった1st Partyデータに加え、ビデオリサーチが調査を実施する生活者シングルソースデータ「ACR/ex」)を活用して拡大推計することで、リスナーの属性や好みに沿って広告を配信できるとしている。

「ラジコオーディオアド」展開イメージ
「ラジコオーディオアド」展開イメージ

 実証実験では、対象を各ラジオ放送局が持つ自社広告枠のみとし、同枠をラジコオーディオアドに差し替える形で実施。地上波ラジオ放送における販売広告枠は使用しないため、これまで通り地上波ラジオ放送と同じ広告がラジコでも配信される。

「ラジコオーディオアド」への差し替え対象広告枠
「ラジコオーディオアド」への差し替え対象広告枠

 対象エリア・放送局は、在京7局(TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、ラジオNIKKEI、TOKYO FM、J-WAVE、InterFM897)限定とし、秋頃を目途に在阪局(ABCラジオ、MBSラジオ、OBCラジオ大阪、FM COCOLO、FM OH!、FM802)へと拡大、その後、順次、全国展開を目指す。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]