logo

Facebook、グーグル、MS、Twitterがサービス間のデータ移行を容易にする取り組み--「Data Transfer Project」

Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年07月23日 08時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソーシャルメディア上の自分のデータが、まもなく他のプラットフォームに転送できるようになりそうだ。

 Facebook、Google、Microsoft、Twitterは米国時間7月20日、「Data Transfer Project」(DTP)の取り組みについて明らかにし、これに参加することを発表した。各種オンラインサービス間で、ユーザーがデータを簡単に転送できるようにすることを目指すプロジェクトだ。

 各社がこのコラボレーションを開始したのは、ユーザーが自分のオンラインデータをより管理しやすくなるようにし、各種サービス間で移動できるようにするためだ。大手テクノロジ企業はこれまで、データに関連する複数のスキャンダルに見舞われるなどしていた。

 DTPのウェブサイトによると、インターネットユーザーがオンラインサービスプロバイダー間でデータを移動できるようにするための、オープンソ―スのサービス間データポータビリティプラットフォームを構築することが、このプロジェクトの目的だという。さまざまなプラットフォームの既存の技術APIや認証方法を使用して、データにアクセスし、データを新しいプラットフォームに適合するフォーマットに変換する。

 DTPは開発中だが、技術に詳しいユーザーは試用することもできる。

 米CNETは各社にコメントを求めたが、Facebook、Google、Microsoftからは返答を得られていない。Twitterはブログ記事の内容以上のコメントを控えた。

Data Transfer Project発表
提供:S3studio/Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]