logo

エフ・コード、次世代ウェブ接客ツール「CODE」を提供へ--1.4億円の資金調達

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2018年07月04日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エフ・コードは7月4日、複数の個人投資家を引受先として総額約1.4億円の資金を調達したと発表した。2006年の創業以来初めてのエクイティによる資金調達だという。

次世代型ウェブ接客ツール「CODE Marketing Cloud」
次世代型ウェブ接客ツール「CODE Marketing Cloud」

 今回の資金調達は、7月中旬より提供を開始予定の次世代型ウェブ接客ツール「CODE Marketing Cloud」(CODE)の開発や、これを軸とした事業の成長促進施策に充てるとしている。

 同社は、2016年よりフォーム最適化ツール「f-tra EFO」、ウェブ接客ツール「f-tra CTA」などのSaaSを提供し、これまでに500社以上のウェブサイトのCVRを改善。平均してCVRを134%改善したノウハウに基づき、CODEでは機能拡張を前提としたツール設計を行っているという。

サービスのイメージ
サービスのイメージ

 CODEを導入した企業は、ウェブサイト来訪者の訪問回数・訪問ページなどの行動履歴や連携した外部データソースの情報を元に、ウェブサイト内のユーザー1人ひとりへの接客を最適化でき、CVR向上やROI向上などの成果が見込めるとしている。

 同社では、CODEを伴走型ツールと位置付けており、ツールの運用支援コンサルティングを行うことで、マーケターの工数を削減すると同時に、効果的な導入・運用のためのサポートにも力を入れる。なお、CODEは随時機能を拡張し、デジタル領域だけでなく、家庭などの生活空間までリーチしていくことを見据えているという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]