logo

日本トイザらス、IoTで入店から購買までの動きを可視化する「InSight」を導入へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Flow Solutionsは6月28日、同社の店舗可視化IoTプラットフォーム「InSight」が、日本トイザらスに導入されることを発表した。

店舗分析プラットフォーム「InSight」
店舗分析プラットフォーム「InSight」

 InSightは、入店から購買までの顧客の動きを可視化するストアコミュニケーションプラットフォーム。IoTセンサを通じて取得した来店客数データをはじめ、POS・天気・スタッフなど店舗のあらゆるビッグデータを統合して可視化する。今後は、オンラインストアとリアル店舗それぞれのデータを収集して組み合わせるマーケティング施策も検討しているという。

 日本トイザらスは7月より、おもちゃ店舗「トイザらス」の一部店舗においてInSightを導入し、店舗データ活用へ向けたプロジェクトを開始するとしている。またFlow Solutionsは、InSightとデータ活用のサポート体制を利用し、日本トイザらスの快適なショッピング環境の提供を支援するとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]