logo

Facebook、18歳未満への銃関連アクセサリ広告を禁止へ--銃本体は全年齢で排除済み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは、掲載する広告に関するポリシーを見直し、拳銃に関するアクセサリの広告を18歳未満のユーザーに表示しないと発表した。新ポリシーは6月21日より適用する。

 すでにFacebookは、ユーザーの年齢に関係なく、銃そのものや弾薬、爆発物、銃の部品、サイレンサーや連射用マガジンといった銃向けアクセサリの広告掲載を禁じている。今回さらに規制範囲を広げ、銃に取り付ける照明装置やスコープ、ホルスターなどの広告に年齢制限を設ける。

 Facebookは、掲載が可能な広告、年齢制限を設定すれば掲載できる広告、掲載しない広告の例を挙げている。例えば、販売目的でなく単に知識として銃器の情報を交換するブログやグループ、銃の安全な取り扱い方法を指導する講座や書籍、プラスチックで作られた玩具の銃や剣などは、広告を掲載してもよいそうだ。

掲載可能または不可能な広告の例(出典:Facebook)
掲載可能または不可能な広告の例(出典:Facebook)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]