logo

マーケティングツール「ferret One」と「Marketo」がデータ連携--行動情報など

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2018年05月02日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ベーシックは5月2日、同社が運営するオールインワンマーケティングツール「ferret One(フェレットワン)」が、マルケトのエンゲージメントマーケティングプラットフォーム「Marketo」と連携することを発表した。フォーム経由の登録情報やウェブサイト上の行動情報データなどの連携を開始する。


 ferret Oneは、CMSやアクセス解析、メール配信、フォーム作成など、ウェブサイト運用に必要な機能をひとつにまとめたオールインワンマーケティングツール。多言語対応ツール「WOVN.io」をはじめとしたさまざまなクラウドサービスと連携しており、2016年のサービス開始以降、幅広い業界・業種を中心に導入され、利用社数は前年比200%で成長しているという。

 一方のMarketoは、アナログからデジタルまで顧客接点を統合し、オムニチャネルを実現するエンゲージメントマーケティングプラットフォーム。リード・ナーチャリングやスコアリング、チャネル統合、マーケティングROI解析など、マーケティングに関するあらゆる機能を集約している。


 今回のデータ連携では、ferret Oneのフォームに登録されたユーザー情報をMarketoの顧客情報の項目と連携するという。また、ferret Oneで作成したウェブサイト上の行動情報をMarketoのアクティビティログと連携できるようになった。

-PR-企画特集