logo

位置情報による広告配信から効果測定まで--楽天IDと連携した「RMP - Go! Spot」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天と楽天データマーケティングは4月5日、位置情報を活用した広告配信からオフラインでの効果測定まで可能なO2Oマーケティングソリューション「RMP(Rakuten Marketing Platform) - Go! Spot」の提供を開始した。

 RMP - Go! Spotは、楽天会員IDに基づくさまざまなチャネルやデータを活用し、位置情報によるユーザーへの広告配信を通じた店頭送客プロモーションの実施と来店者数など実際のデータによるプロモーション効果の測定を可能にするサービス。


 楽天グループが提供するおこづかいアプリ「Super Point Screen」、来店ポイントアプリ「楽天チェック」で得られる顧客行動などのビッグデータを分析することで、プロモーション施策の実施だけでなく、オフラインでのユーザー行動を理解し、O2Oマーケティングの向上に役立てることができるという。

 なお、ダスキンが運営する「ミスタードーナツ」の新商品プロモーションにおいて実施した先行トライアルでは、新商品の広告を「Super Point Screen」でユーザーの位置情報に基づいて配信し、従来よりも効率的な集客効果を実現したという。また、今回のプロモーションでは、「ミスタードーナツ」が共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」の加盟店舗でもあることから、楽天ポイントカードを活用したデータ分析も実施。

 今後、来店促進に加えて店頭購買を促進するプロモーションや分析を組み合わせることで、より統合的なO2Oマーケティングソリューションの実現に向けて機能を拡充させる予定だ。

-PR-企画特集