logo

動画圧縮技術「AV1」仕様リリースでNetflixやYouTubeのより優れたストリーミング実現へ

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年03月29日 12時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GoogleやMicrosoft、Amazon、Facebook、Cisco、Netflixといったテクノロジ大手企業が加盟する団体が、動画圧縮技術「AV1」の仕様の最初のバージョンを完成させ、それらの企業がAV1を使って、ユーザーのストリーミング動画を高速化する準備が整ったようだ。


提供:Alliance for Open Media

 Alliance for Open Media(AOMedia)によると、4K UHD動画の配信で、AV1は競合するコーデックと比べて平均30%優れた圧縮率を実現しているという。AOMediaはAV1を開発した団体だ。一部の技術は実験室から外に出るのに苦労するが、AV1はそれには当てはまらず、近いうちにノートPCやスマートフォンでの対応が広がり、AV1でYouTubeや「Amazon Prime」、Netflix、Facebookから動画が配信されるようになるかもしれない。

 動画のストリーミングでは、圧縮技術が非常に重要である。優れた圧縮技術を使えば、ブロックノイズやぼやけた画質を防いで、動画が始まるまでの待ち時間を短縮し、ネットワーク使用量を減らすことができる。また、AV1はオープンソースで、ロイヤリティフリーであるというメリットもある。

AV1
提供:Alliance for Open Media

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]