logo

ショッピングセンターの来店状況をIoTで分析する実証実験--KDDIら4社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは1月24日、横浜駅と商業施設が一体化したショッピングセンター「JOINUS」において、顧客の動線や属性を組み合わせて来店状況を分析する実証実験を、2月よりZOYI Corporation、ARISE analytics、ipocaとともに開始すると発表した。


 この実証実験では、1日に約23万人が訪れるJOINUS内の各出入口やロビーなど、主要な地点に設置された複数のIoTセンサにより、来店客が持つスマートフォンからWi-Fiを通して時間ごとの来店者数などを把握する。また、ipocaが提供するさまざまな店舗のクーポンが利用できるスマートフォンアプリ「NEARLY」を通して、第三者へ提供することに同意のもとで、取得した利用客の属性情報(性別・年齢層など)が把握できるという。

 JOINUSでは、今回の実証実験によって得られたデータや分析結果をもとに、店舗レイアウトの改善やO2Oによるプロモーションの促進など、より効率的で高い店舗運営効果を得られるサービスの提供や改善を目指すとしている。

 各社の役割として、KDDIはデータを収集し解析できるIoT基盤を提供。ZOYIはIoTセンサを提供し、ARISEはIoTセンサから得られたデータをもとに分析を行うとともに、KDDIやipocaとともに、可視化した分析結果をJOINUSへとフィードバックする。ipocaは、スマートフォン向けアプリNEARLYを提供する。また、4社は今後の商用化や他のショッピングセンターなどへの展開を目指すという。


-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]