logo

米ブラックフライデー、オンライン売上高が過去最高に--アドビ調査

Edward Moyer (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年11月27日 08時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobeが米国時間11月25日に公表した集計結果によると、ブラックフライデー(感謝祭翌日の金曜日)のオンライン売上高は50億3000万ドルとなった。感謝祭当日のオンライン売上高は28億7000万ドルだった。両日ともに過去最高を記録したという。

 感謝祭当日の売上高の方が増加率が高かった。2017年のブラックフライデーの総売上高は、前年比16.9%増となったのに対し、感謝祭の総売上高は18.3%増だった。サイバーマンデーのオンライン販売は米国で史上最大規模となり、前年比16.5%増の66億ドルになると、Adobeは予測している。

 Adobeが同日公表したその他の情報は以下のとおり。

  • 現時点でのホリデーショッピングシーズン期間中(11月1~24日)のオンラインショッピング売上高は383億ドルで、前年同期比17.8%増となった。
  • ブラックフライデーに最も売れた商品の中には、ストリーミング機器の「Chromecast」や「Roku」、そして「Nintendo Switch」などがあった。「Hatchimals & Colleggtibles」の玩具、「PJ Masks」の製品なども売れた。
  • ブラックフライデーにモバイルでショッピングをする消費者はますます増加している。モバイル端末は、ページ訪問数の54.3%、売上高の36.9%を占めた。スマートフォンが最も多く、ページ訪問数の44.6%、売上高の26%を占めた。
ブラックフライデー
提供:Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]