logo

toBe マーケティング、4億円の資金を調達--MA導入コンサルなど強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 toBe マーケティングは10月4日、国内事業の拡大にあたり、新規引受先として三菱UFJ キャピタル、SMBC ベンチャーキャピタル、みずほキャピタルの3社を迎えるとともに、Draper Nexus Venture、Salesforce Venturesを追加引受先として、9月29日に総額4億円の資金を調達したと発表した。累計調達額は6億円を超えるという。


 同社は2015年6月に設立。セールスフォース・ドットコム専業のアライアンスパートナーとして、マーケティングオートメーション「Salesforce Pardot」と、Salesforceの「Sales Cloud」「Service Cloud」を組み合わせた導入支援・活用コンサルティングを提供している。

 これまでに、大企業から中小企業まで500社を超える国内企業への導入支援を持つという。また、Salesforce Pardotと連携可能なアプリケーションを開発し、「MAPlus シリーズ」として提供している。

 今回の増資によって、マーケティングオートメーション導入コンサルタントや開発エンジニア、顧客の活用支援を促進するカスタマーサクセスの採用を強化するほか、MAPlus シリーズの開発体制を強化するという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]