logo

リクルートテクノロジーズ、スマートロック「iNORTH KEY」 API公開--民泊などに活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リクルートテクノロジーズは9月27日、同社の研究開発機関であるアドバンスドテクノロジーラボ(ATL)が、不動産管理会社の内覧業務利用に特化したスマートロック「iNORTH KEY(イノースキー)」のAPIを無料公開したと発表した。

 iNORTH KEYは、鍵穴に鍵を差し込まなくても、スマートフォンなどを使って物件の鍵を開閉できるオンライン鍵管理システム。物件に設置する本体の税別価格は6000円で、税別の月額利用料金は380円となる。

 今回、不動産業界以外でも活用できるように、システムのすべての機能のAPIを無料公開。多くの企業が利用することで、自社サービスとの連携がしやすくなるとしている。

 APIはすでに、スペイシーの会議室シェアサービス「スペイシー」に導入され、今秋に提供開始を予定。API連携により鍵管理を自動化して、無人でスペースを運用することが可能だ。

 また、民泊向けサービスを手掛けるチャプターエイトは、ゲストがスマートフォンでチェックイン手続きをして、宿泊者名簿をクラウド管理できるサービス「ABCチェックイン」に、iNORTH KEYのAPIを実装。ABCチェックインの決済機能と連動し、宿泊する部屋の鍵の開閉が可能になる。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]