logo

インターネット利用環境「スマホのみ」が約半数、10代では7割に--LINE調べ

佐藤和也 (編集部)2017年07月25日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは7月24日、インターネットの利用環境に関する調査結果を公表した。同社は2年前より半期に一度スマートフォンなどでのインターネット利用に関する定点調査を行なっており、今回は2017年上期の調査結果としている。調査対象は15~59歳の男女で合計759サンプル。調査期間は2017年4月で、調査員による個別訪問留置調査によるものという。

 まず日常的にインターネットを利用する環境において、「スマホ」でのインターネット利用者は全体の85%。対して「PC」での利用者は46%。構成比としての最多は「スマホのみ」での利用者で約半数にものぼり、「スマホとPC」の併用者は4割弱と、スマホのみが、スマホとPCの併用者を上回る結果に。「PCのみ」での利用者はわずか6%という。

アクティブなネット利用者の実態
アクティブなネット利用者の実態

 そして全体的にスマホのみでの利用者が、スマホとPC併用者を上回る傾向が見られ、若年層ではその傾向が強いという。特に10代では、スマホのみでの利用者が7割にも達する。

利用実態の年代別内訳
利用実態の年代別内訳

 また「タブレット」や「ガラケー」を含んだ比較においても、全世代ともにスマホでの利用率が高く、メインデバイスとしてスマホを利用していることがうかがえる。10~30代では9割超、40代でも9割弱、50代でも6割強が利用しているという。なお10代のPCでの利用率は25%に留まるが、20代以上においては主に職場などでの利用により、PC利用率が高まるという。タブレットでの利用率は全体で19%、ガラケーでの利用率は全体のわずか6%としている。

デバイス別かつ年代別のアクティブなネット利用率
デバイス別かつ年代別のアクティブなネット利用率

 同社では、日常的なインターネット利用をスマホのみで行なっている利用者が約半数に達していることから、スマートフォンは携帯電話端末の延長としての利用のみならず、従来のPCやタブレットに代わる、インターネットにアクセスするための情報取得端末としての需要が高まっているという。そして今後の普及に伴い、人々の生活に重要な役割を担っていくと考えられるとまとめている。

-PR-企画特集