写真で振り返るCP+まとめ--富士フイルム、パナソニック、オリンパス、リコー編 - 3/30

 GFX 50Sに対応した「Gマウント」レンズ群。上段に置かれてある「GF63mm F2.8 R WR」「GF32-64mm F4 R LM WR」「GF120mm F4 R LM OIS WR Macro」の3本をまず発売。下段にある「GF23mm F4 R LM WR」「GF45mm F4 R WR」「GF110mm F2 R LM WR」の3本は後日発売としている。

 フルサイズよりも大きいセンササイズのため、デジタル中判レンズの焦点距離は、35mmに換算すると値が小さくなる。例えば、GF63mm F2.8 R WRの場合、35mm換算だと50mmに相当する。ボケ量も同じF2.8のフルサイズ用レンズよりも多い。

 GFX 50Sに対応した「Gマウント」レンズ群。上段に置かれてある「GF63mm F2.8 R WR」「GF32-64mm F4 R LM WR」「GF120mm F4 R LM OIS WR Macro」の3本をまず発売。下段にある「GF23mm F4 R LM WR」「GF45mm F4 R WR」「GF110mm F2 R LM WR」の3本は後日発売としている。

 フルサイズよりも大きいセンササイズのため、デジタル中判レンズの焦点距離は、35mmに換算すると値が小さくなる。例えば、GF63mm F2.8 R WRの場合、35mm換算だと50mmに相当する。ボケ量も同じF2.8のフルサイズ用レンズよりも多い。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]