logo

未来の都市、空港、スポーツが目の前に--パナソニック「Wonder Japan Solutions」を公開 - 2/18

加納恵 (編集部)2017年02月15日 08時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 パナソニック東京オリンピック・パラリンピック推進本部副本部長の北尾一朗氏は、2016年12月に提供を開始した多言語音声翻訳サービス「メガホンヤク」を手にして登場。日本語を英語、中国語、韓国語に翻訳して再生できるメガホン型翻訳機で、その場で翻訳性能を披露した。

 「2015年は技術の点からはじまり、2016年はパートーナー企業とともに社会への実装をイメージし、点だったものを線にした。2017年は理想の都市像を紹介した。点から始まって線になり、今回は空間面の広がりをご覧いただきたい」と見どころを紹介した。

 パナソニック東京オリンピック・パラリンピック推進本部副本部長の北尾一朗氏は、2016年12月に提供を開始した多言語音声翻訳サービス「メガホンヤク」を手にして登場。日本語を英語、中国語、韓国語に翻訳して再生できるメガホン型翻訳機で、その場で翻訳性能を披露した。

 「2015年は技術の点からはじまり、2016年はパートーナー企業とともに社会への実装をイメージし、点だったものを線にした。2017年は理想の都市像を紹介した。点から始まって線になり、今回は空間面の広がりをご覧いただきたい」と見どころを紹介した。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]