logo

アップル幹部3氏×米CNET独占インタビュー--Macの存在意義と新型MacBook Proへの思い - (page 3)

Shara Tibken Connie Guglielmo (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年11月03日 07時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「われわれは何年も前に多くの時間を費やして検討し、最高のパーソナルコンピュータを作るには、macOSをiPhoneに入れようとしてはいけないという結論に達した」とSchiller氏。「逆に、iOSをMacに入れることもできない。つまり、どちらも意図されたことを最も得意としている。そのため、それぞれ追加して意味をなすものは取り入れるが、根本的に変えることは、損なわれてしまうのでやらない」と語る。


2006年の「MacBook Pro」

お金の問題

 Schiller氏がわれわれに「水のボトルをどけてもらえるかな?」と声を掛けた後、真っ白なコーヒーテーブルを覆っていた黒い布を取り払うと、アルミニウム製のノートブックが2台、姿を現した。ひとつはシルバーで、もうひとつはスペースグレイ。あまりに薄かったので、テーブルにボトルを置いたときはその存在に気づかなかった。

 このお披露目は、白と黒のスタイリッシュなカンファレンスルームでのことだ。この真下にはAppleのTown Hallがある。インフィニート・ループ1に位置するこのセンターでこの後、新しいMacBook Proが正式に発表されることになる。外ではこの「hello again」イベントに向け、Appleロゴが描かれたバナーがそよ風にはためいていた。


「水のボトルをどけてもらえるかな?」

 たちまち、最も薄い、最も軽い、最も小さい、最も強力と、形容詞の最上級が飛び交った。タッチパッドが大きくなり、2015年の12インチMacBookで初登場した浅い「バタフライ」キーボードを搭載した、まったく新しいアーキテクチャだ。

 Appleはまた、マグネット式の充電端子とUSBポートを捨て去り、USB-Cポート4基に置き換えた。内部のクールなX線画像には、クアッドコアのプロセッサ、Appleが設計したセキュリティ用の「T1」チップ、高速化したメモリ、刷新された熱対策のアーキテクチャ(新設計ファンとヒートパイプ)、2倍のダイナミックレンジを持つスピーカーが誇らしげに写っている。

 しかし、Macを持ったことがない人に、今、買ってもらうのにこれで十分なのだろうか。

 これら全ての性能向上にはコストがともなう。3つの新モデルは旧モデルよりも200ドル以上高くなっている。Appleがメインストリームのバージョンだとする13インチのMacBook ProにはTouch Barが搭載されていない。ただし、より薄型軽量で小型のユニボディデザインは採用されている。既に発売されており、価格は1499ドルからだ。Touch BarとTouch IDを搭載する13インチと15インチのモデルはそれぞれ1799ドルと2399ドルから。


2006年のMacBook

 これとは対照的に、13インチで1.35kgの超薄型ノートブック「MacBook Air」のエントリーレベルは999ドルで購入できるようになった(Appleはこのモデルをアップデートせず、11インチで899ドルのMacBook Airは終了する予定だ)。あるいは、軽量でタッチスクリーン搭載のWindowsマシンを選ぶ人もいるだろう。例えば、1000ドルの「Razer Blade Stealth」だ。Acer、ASUS、HP、サムスンなどさまざまなメーカーから「Chromebook」も発売されている。これらは200ドル以下で購入でき、教育市場では既にAppleを脅かすまでになっている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]