新メッセージアプリ「Google Allo」--便利に使うための8つのヒント

Sarah Jacobsson Purewal (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2016年10月03日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Google Allo」はメッセージアプリにおける次の大ブームとなるのだろうか。そうなるかもしれないし、そうはならないかもしれない。この新しい「スマート」メッセージアプリは実はかなり単純なものだが(「WhatsApp」や「LINE」といった競合アプリを過去に使ったことのある人にとっては、特にそうだろう)、工夫を凝らしたいくつかの機能もひそかに用意されている(すなわち、Googleでなければこれほど効果的に実装できないであろう、チャット内で利用可能なあのGoogle検索機能のこと)。

 Google Alloを数分間試せば、それほど苦労することなく使い方を覚えられるはずだが、本記事では、見落とされているかもしれないヒントや便利な機能を紹介する。

プロフィールを編集する

 現在のところ、Google Alloのプロフィールには極めて基本的な項目しかない。プロフィール写真と名前を追加できるが、それだけである。プロフィールはアプリのセットアップ時に設定するが、後で変更することも可能だ。プロフィール(つまり写真か名前)を編集するには、画面左上のメニューボタンをタップして、「プロフィール」にアクセスし、写真の右上の編集ボタン(ペン)をタップする。名前を編集、または新しい写真を撮影/選択した後、「保存」を押す。

figure_1
提供:Sarah Jacobsson Purewal/CNET

キーワードでメッセージを検索する

 Google Alloアプリの画面最上部の検索バーは、実は非常に便利である。キーワードでメッセージ履歴を調べることができるからだ。検索アイコンをタップして、検索バーを開いた後、探しているキーワードやフレーズを入力すると、検索結果が自動的に表示される。結果をタップすると、そのキーワードを含むメッセージに移動することができる。

 注意:現在のところ、検索バーが表示されるのは、「Android」版のGoogle Alloだけである。

figure_2
提供:Sarah Jacobsson Purewal/CNET

カスタム通知音を設定する

 メッセージに優先順位をつけたい人にとって、特定の連絡先にカスタム通知音を設定できる機能は便利だ。ある連絡先にカスタム通知音を設定したいときは、その連絡先のチャットウィンドウを開いた後、画面最上部の名前をタップして、プロフィールを開く。この画面では、その連絡先のプロフィール写真と名前、電話番号を確認できる。現在その連絡先に設定されている通知音も確認可能だ。これをタップすると、通知音リストが表示されるので、その連絡先がGoogle Allo経由でメッセージを送信したときに鳴らしたい通知音を選択する。

 注意:現在のところ、カスタム通知音はAndroid版Google Alloのみで利用できる。

figure_3
提供:Sarah Jacobsson Purewal/CNET
  • このエントリーをはてなブックマークに追加