DNP、映像が浮いて見える次世代装置--プロモーションツールとして販売へ

加納恵 (編集部)2016年09月28日 15時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フロアスタンドタイプ

 大日本印刷は9月28日、3D映像を空中に投影し、あたかも映像が浮いているように見えるプロモーションツールを発表した。10月に発売する。

 これはアスカネットが開発した特殊プレートを使用し、実現したもの。特殊プレートと映像を映し出すタブレット端末を専用の筐体に取り付け、タブレット端末の映像をプレートに投影すると空中に立体的な映像が浮いたように見えるという。

 机などの上に設置するカウンターディスプレータイプ(税別価格:30万円)と床にそのまま設置可能なフロアスタンドタイプ(同:35万円)の2種類を用意。センサを取り付けることで、手の動きに合わせて、空中の映像を操作できるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加