顧客情報からメッセージを最適化--「B→Dash」と「LINEビジネスコネクト」が連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フロムスクラッチは9月13日、同社が開発・提供するマーケティングプラットフォーム「B→Dash」と、LINEが提供する「LINE ビジネスコネクト」との機能連携を発表した。

 B→Dashは、デジタルマーケティングにおける集客施策の領域から、販売促進、営業支援、顧客管理といった、マーケティングプロセス全体のビッグデータの統合、分析、管理、改善を可能にする、SaaS型のマーケティングプラットフォーム。

 LINE ビジネスコネクトは、特定のユーザーに対して最適化されたメッセージを送信できるサービス。ユーザー同意のもと、企業が持つデータベースやシステムとLINEアカウントを連携することで、メッセージ送信ツールのほか、顧客管理(CRM)ツールや、業務ソリューションツールとしての利用も可能。

 今回、B→DashとLINE ビジネスコネクトの機能連携により、メールなどの従来のプロモーションに加え、新たにLINEによるプロモーションを実現。より、ユーザーごとの行動や嗜好性に即したアプローチが可能になるという。

「B→Dash」と「LINE ビジネスコネクト」との連携
「B→Dash」と「LINE ビジネスコネクト」との連携

 B→Dashには、集客領域から顧客管理領域までのユーザー属性、行動、購買データなど、あらゆる情報が統合されている。過去のユーザーの購買行動から学習した商品・コンテンツ・配信頻度などの最適化やレコメンドできるほか、LINEを活用したコミュニケーション自体の最適化も可能になる。

 今回の機能連携により、従来の一斉送信型のキャンペーンから、顧客情報、システムと連携させ、必要な情報をベストなタイミングで配信する本質的なOne to Oneマーケティングの実現を目指すとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加