logo

「iPhone 7」にあったらいいな--搭載を思わず望んでしまう機能 - 9/12

David Carnoy (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2016年07月18日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
容量32Gバイトのエントリーモデル

 Appleは2014年、容量が中程度のiPhoneを32Gバイトから64Gバイトに、大容量モデルを64Gバイトから128Gバイトにそれぞれ倍増させ、価格は前機種と同じ水準に設定した。事実上、ストレージを無料でアップグレードしたことになる。しかし、エントリーレベルモデルの容量は16Gバイトのままだった。2015年に発売されたiPhone 6sとiPhone 6s Plusでは、各モデルの容量は一切変更されなかった。

 ストレージ拡張オプション(一部のAndroidモデルでは利用可能)がないことを考えると、今後、エントリーレベルのiPhoneには少なくとも32Gバイトのストレージを搭載するべきだ。
Scroll Right Scroll Left

容量32Gバイトのエントリーモデル

 Appleは2014年、容量が中程度のiPhoneを32Gバイトから64Gバイトに、大容量モデルを64Gバイトから128Gバイトにそれぞれ倍増させ、価格は前機種と同じ水準に設定した。事実上、ストレージを無料でアップグレードしたことになる。しかし、エントリーレベルモデルの容量は16Gバイトのままだった。2015年に発売されたiPhone 6sとiPhone 6s Plusでは、各モデルの容量は一切変更されなかった。

 ストレージ拡張オプション(一部のAndroidモデルでは利用可能)がないことを考えると、今後、エントリーレベルのiPhoneには少なくとも32Gバイトのストレージを搭載するべきだ。

提供: Screenshot by David Carnoy/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]