logo

アップルが考えるスマートホーム--新アプリ「Home」と「Siri」SDKで狙う反転攻勢 - (page 2)

Megan Wollerton (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2016年06月21日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 その理由の1つは、AmazonもNestも、スマートホームのパートナーシップが比較的容易になるオープンソフトウェアプログラムを提供していることだ。

 Amazonが利用する「Alexa Skills Kit」は、開発者がAmazon Echoや「Echo Dot」「Amazon Tap」デバイスに対する独自の統合を開発できる場所だ。スマートホーム固有のプロジェクトのために、専用の「Smart Home Skill API」まで用意されている。だがそれも、同社のオープンソフトウェアプラットフォームの一部にすぎない。AmazonのSkills Kitには6月14日の時点で1200以上の統合があり、それこそ「Alexa ask 1-800-Flowers to order Becky flowers」(Alexa、1-800-FlowersでBeckyに花束を注文して)から、「Alexa, Ask Albert Einstein Facts to tell me a fact」(Alexa、Albert Einstein Factsに質問して真実を教えて)まで、幅広い統合がある。

 Nestの「Works with Nest」プログラムもほぼ同じように機能するが、こちらは統合のキュレーションをさらに進めて、ほぼスマートホームのデバイスとサービスだけに限定している。

 Siriのソフトウェア開発キットは、AppleにとってAmazonやNestに追いつくチャンスになるだろうが、そのための課題はまだ山積みだ。

Siriを使ってHomeKit対応のLutron製証明調整スイッチを制御。
Siriを使ってHomeKit対応のLutron製証明調整スイッチを制御。
提供:Tyler Lizenby/CNET

HomeKitの未来は明るいか

 HomeKitについては、わかっていないことが多い(たとえば、Amazon Echoに相当する製品はどうなっているのか)。2016年のWWDCでは少なくとも、Appleがスマートホーム分野で優位に立ちたいと考えていることは明らかになった。だが、iOS 10でHomeKit用のHomeアプリを追加して、Siriを開発者に開放するのは、出発点でしかない。

 Appleは、HomeKitが防犯カメラに対応することもWWDCで発表している。iPhoneのロック画面からライブフィードを確認できるようになるので、これは大きな進歩だ(August、Ring、Kunaなどが初期のパートナーとして参加している)。さらに、米国の大手住宅建築会社であるLennarやKBなどが、新しい建設工事にHomeKitを組み込む予定であることも明らかにされた。こうした歩みと、Echo対抗製品のうわさのはざまで、HomeKitとSiriはどちらも、Appleが短期間のうちにスマートホーム分野でもっと有利な地位を確立するきっかけになる可能性がある。HomeKitの新機能がいっせいに導入されるiOS 10は、間もなくベータ版が公開され、最終リリースは2016年秋に予定されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]