logo

人気の格安SIMは「楽天モバイル」と「OCNモバイルONE」--ICT総研調べ - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

格安SIMの契約数は約700万まで拡大へ

 総務省によると、MVNOサービスの契約数は、2014年末の895万契約に対し、2015年末は1155万契約と、1年間で29%の伸びを記録した(MNOであるMVNOを除いたもの)。

 ICT総研は、事業者などへのヒアリングを元に、2016年末にはこれが34.2%増の1550万契約まで拡大すると推計。また、そのうち格安SIMの契約数は2015年末時点で419万契約と見られるが、これも2016年末には69.5%増の710万契約まで拡大すると見込んでいる。

「MVNOサービス」・「格安SIM」の契約数市場規模
「MVNOサービス」・「格安SIM」の契約数市場規模

 現在、モバイル契約数全体に占めるMVNO契約の比率は7%程度と、1年前と比べると2%増加した。総務省では、早期にモバイル契約数全体の10%をMVNO契約程度の比率にしたい意向を示しているという。

 ICT総研では、これらを実現するには、訪日外国人向けの格安SIMサービス動向や、法人向けIoTサービスの本格化、電気通信事業法の改正によるNTTドコモに対する規制緩和などの状況が影響すると分析。また、格安スマホとして浸透しつつあるSIMフリースマートフォン端末の選択肢の増加も、市場の拡大を後押しするとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]