アップル「iOS 10」--「iPhone」をもっと便利にする15の機能

Jessica Dolcourt (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2016年06月16日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは年次開発者会議「Worldwide Developer Conference」(WWDC)の大部分を「iPhone」と「iPad」向けの新ソフトウェア「iOS 10」の紹介に費やした。それにはもっともな理由がある。iOS 10には、「Siri」音声アシスタント、写真、地図などに関する新機能が大量に盛り込まれているからだ。中でも、「Messages」アプリを使って友人とやりとりする多数の新しい方法が、個人的には気に入った。

 AppleのiOS 10は、「iPhone 5」とそれ以降のiPhoneであれば実行することができる(残念ながら「iPhone 4」と「iPhone 4s」は対象外)。対応モデルの一覧はこちらで見てほしい。圧力を認識する「3D Touch」を使用する機能は、「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」、そして次期モデルとされる「iPhone 7」でのみ動作する。

 iOS 10は、開発者向けには既に公開済みで(そのため開発者は新機能の利用を開始することができる)、一般リリースは2016年秋に予定されている(パブリックベータ版は7月に公開予定)。確かに、追加機能には興味深いものもあれば、それほどでもないものもあるが、そのすべてがAppleのOS帝国の拡大に貢献するはずだ。以下では、iOS 10の新機能を筆者が気に入っている順に紹介する。

1. 極めてインタラクティブ性の高いメッセージ

 ミラーボール、インビジブルインク、大量の絵文字。これらはすべてAppleがiOS 10の新しいMessagesアプリに追加した機能であり、ソーシャルメッセージングの現在のトレンドを反映している。これは、あらゆる方向に広がるiOSにAppleが施した最も先進的な変更だ。最も広範で、最も楽しい変更でもある。具体的には、以下の機能が追加された。

  • URLを貼り付けたときに写真と動画を表示するリッチリンク
  • カメラと写真ギャラリーへのアクセス改善
  • 絵文字が予測候補リストに表示される(単語をタップして絵文字に置き換えることが可能)
  • チャットダイアログで絵文字の表示サイズがこれまでの3倍に
  • テキストの吹き出しのサイズを極小から極大の範囲で選ぶことができる
  • 吹き出しをダブルタップして、リアクションを送信することができる
  • 指でこすらなければ読むことのできない、インビジブルインクのメッセージ
  • アニメーションで動くステッカー(「JibJab」風)
  • 「Apple Pay」を使ってメッセージから友人に直接支払い(一部の国のみ対応)

 iOS 10のMessagesは現在開発者に公開されているため、一般リリースされるころには、おびただしい数のオプションがあるはずだ。

2. ハブに近づいたロック画面

 以下のことが可能になる。

  • 本体を持ち上げてスリープ解除し、ロック画面を表示
  • 3D Touchを使って通知にアクセス
  • ロック画面からメッセージに返信
  • 右にスライドしてカメラを起動
  • 左にスライドしてウィジェットを起動
  • 新しい「Home」アプリにアクセス

 これもサードパーティーアプリと連携する。つまり、iPhoneのロックを解除しなくても、必要なタスクの多くを処理できるようになるかもしれない(他人にロック画面をいじられたくない人もいるので、この機能はオプションになると考えられる)

3. お気に入りのアプリでSiriの音声コマンドを使用する

 Appleは新たなオープン性というテーマを拡大して、アプリメーカーがSiriを利用できるようにしているため、Siriへの音声命令によって他社のアプリでもさまざまなタスクを実行できるようになる。たとえば、「Siri, use What'sApp to tell Andy I'm running 5 minutes late」(Siri、「What'sApp」を使って、Andyに5分遅れると伝えて)と命令することができる。

 その後、メッセージを送信する前に、Siriアプリ内でプレビューを確認できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加