logo

電通とリクルート、訪日外国人向けマーケティング領域で協業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通とリクルートホールディングスは5月26日、訪日外国人向けマーケティング領域で協業したと発表した。

 両社は本合意に先駆け、3つのプロジェクトを推進している。1つは、地域全体の観光マネジメントを担う「DMO(Destination Marketing/Management Organization)」を実現するためのもので、システム環境の構築やコンテンツづくり、決済環境、施策改善のためのPDCAスキーム、地域人材の確保・育成などに取り組む。

 2つ目は、リクルートが発行する訪日中国人向け季刊誌「HOT PEPPER 实惠游日」のコンテンツ力強化に向け、両社でアプリ開発と広告枠のセールスを開始する。

 3つ目は、リクルートと電通のジョイントベンチャーであるブログウォッチャーが開発した「プロファイルパスポートSDK」を、訪日外国人に人気なアプリに組み込むことで、ユーザーの位置情報、ニーズに基づいたコンテンツ配信、クーポンなどのプッシュ配信が可能となる。

 これにより、訪日外国人の属性や位置情報、配信結果などに基づいたデータ分析が容易となる。広告主のマーケティング活動に寄与するソリューションツールとして活用していく予定だ。そのほか、訪日外国人向けの安心・安全情報の提供についても検討を進めるとしている。

 両社では、共同で訪日外国人向けマーケティングサービスの開発・提供を通して、シナジーの創出を図っていくとともに、日本経済や地域活性化への貢献を目指すとしている。

-PR-企画特集