8K「笑点」から1万本使用済み電池のその後まで--日テレ「デジテク2016」 - 9/14

加納恵 (編集部)2016年03月09日 10時03分
 テレビ局は、実に多くの電池を使用する場所で、その使用量は毎月約1万本。主にワイヤレスマイクの電源として使用され、放送事故を防ぐ観点から、一度使用した電池をワイヤレスマイクの電源として使い回すことはないという。

 そのため、使用済みの電池はワイヤレスマイク以外の場所で再利用している。しかし再利用するために電池残量をチェックする必要があり、今までは人手で、約半日をかけて電池残量をチェックしていたとのこと。写真は1カ月に使用した約1万本の電池。すごい数だ。
Scroll Right Scroll Left

 テレビ局は、実に多くの電池を使用する場所で、その使用量は毎月約1万本。主にワイヤレスマイクの電源として使用され、放送事故を防ぐ観点から、一度使用した電池をワイヤレスマイクの電源として使い回すことはないという。

 そのため、使用済みの電池はワイヤレスマイク以外の場所で再利用している。しかし再利用するために電池残量をチェックする必要があり、今までは人手で、約半日をかけて電池残量をチェックしていたとのこと。写真は1カ月に使用した約1万本の電池。すごい数だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]