最もウェブマーケ効果の高かったSNS「Facebook」--BtoB企業アンケート調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ガイアックスは7月1日、全国47都道府県の売上規模20億円以上のBtoB企業のウェブマーケティング担当者330人を対象に実施したアンケート調査の結果を発表した。調査期間は2015年3~5月。レポートの全文はガイアックスのウェブサイトから無料でダウンロードできる。ここでは一部を抜粋して紹介する。

 ソーシャルメディア活用で効果の高かったものについては、ウェブマーケティングにおいてソーシャルメディア(SNS)を活用していると答えた人は68.9%、その内57.1%が「Facebook」と答え、次いで37.5%の「Twitter」、29.7%の「LINE」という結果になった。


(出典:ガイアックス)

 現在、導入しているマーケティングツールについては、50.2%が「コンテンツマネジメントシステム(CMS)」を導入しており、次いで「マーケティング・オートメーション(MA)」と「営業支援システム(SFA)」が35.7%、「データマネジメントプラットフォーム(DMP)」が30.2%となった。

 なお、マーケティング・オートメーションに関しては、担当者の36.9%が導入を検討しており、またデータマネジメントプラットフォームについても、32.3%が検討しているという。

 商材・サービスサイトで抱える問題点や課題については、45.3%が「業務に必要な人材が不足している、または手が足りていない」という結果になった。また、「きちんとした結果測定が実施されていない、実施できない」が39.7%、「Webサイト活用における明確な戦略がない」と答えたのが38.3%となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加