logo

新しい「MacBook」レビュー(第2回)--キーボード、トラックパッド、画面の使用感

Dan Ackerman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年04月30日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 (編集部注:米CNETによる新しい「MacBook」のレビューを複数回に分けて翻訳して公開します。続編は後日公開します)

 第1回より続く。

デザインと機能

 今回の「MacBook」は、Apple史上最も薄いMacだ。最厚部でもわずか13.1mmと、既存の11インチ「MacBook Air」より24%薄くなっている。そして、2.04ポンド(約0.92kg)と最軽量のMacBookでもある。サムスンの新しい「Book 9」は2.08ポンド(約0.94kg)とほぼ変わらないが、寸法はやや大きい。

 全体的な形状とインダストリアルデザインはなじみ深いもので、7年以上続いてきたMacBookのデザインを踏襲しているものの、新しい変化もいくつかある。たとえば新色が追加されており、従来のシルバーのほかにスペースグレイとゴールドが加わった。われわれのテスト機はゴールドだったが、彩色の基本になった「iPhone」と同じくかすかな色合いで、ブロンズ仕上げのノートブックという印象を受ける。

figure_1
提供:Sarah Tew/CNET

 もう1つ大きく変わったのがキーボードだ。キーに新しいバタフライ構造を採用し、さらに薄くなり、安定性が増した。キーボードがほぼ端から端までを占めているため、キーの表面が広くなったのは確かだが、キーは浅くなっている。キーボードトレイからかろうじて突き出ている程度で、入力時の沈み込みもわずかしかない。慣れるには多少時間がかかる。特に、これまでのMacBookの深くクリック感のある物理的な反応や、最近の大半のノートPCに採用されている同様のアイランド式キーボードに慣れている人は、さらに時間がかかるだろう。

 筆者はこのキーボードを初めて試したとき、例文をたった数文入力しただけで何度かタイプミスしてしまった。キーが浅く、触覚的な反応が弱かったためだ。だが、2~3時間後にもう一度試したときは、ずっと楽に入力することができた。

figure_2
提供:Sarah Tew/CNET

-PR-企画特集