logo

アライドがアドテクノロジ事業に参入--SNSの嗜好から広告配信

藤井涼 (編集部)2015年02月12日 17時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アライドアーキテクツは2月12日、アドテクノロジ事業に参入したことを発表した。第1弾として、商品やサービスに好意を持っているユーザーのデータを活用してターゲティング広告の精度を上げられる「SNS対話データ・ターゲティング」の提供を開始した。

 同社では、広告主がアンケートなどでSNSユーザーから収集したリアルな意思・嗜好データを「SNS対話データ」と定義している。このデータをもとに、個々のユーザーの企業やブランドへの“好意・愛着”の度合いを可視化して分類できるという。

 新サービスでは、企業が保有する広告ターゲットリストを母集団としてSNS上から類似ユーザーを抽出する“類似ターゲティング”の仕組みと、SNS対話データを掛け合わせる。これにより、「商品/サービスへの好意・愛着が高い人」の分類データを母集団に加えて類似ターゲティングできるようになり、広告配信の精度向上が期待できるとしている。


「SNS対話データ・ターゲティング」のイメージ

 今後は、海外のSNS広告取扱高トップシェア企業とのサービス共同開発も視野に入れる。また、社内にアドテクノロジ事業に特化した専門部署を新設したほか、「モニプラ」を主軸とするSNSプロモーション事業、「BRANDCo(ブランコ)」を主軸とするSNSデータマネジメント事業と横断したサービス開発を行うプロダクト開発チームを新設した。

-PR-企画特集