logo

企業ファンサイトを構築して顧客データを蓄積できる「BRANDCo」--アライドが開発

藤井涼 (編集部)2014年09月17日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アライドアーキテクツは9月17日、企業やブランドのファンサイトを手軽に構築できる、クラウド型DMPサービス「BRANDCo(ブランコ)」の提供を開始した。第1弾として、コーセー/コーセープロビジョンの公式ファンサイトに利用されている。

 BRANDCoは、SNSやオウンドメディア、ウェブキャンペーンなどの顧客接点を1カ所に集約できるマルチデバイス/マルチソーシャル対応の「ファンサイト構築システム」と、オンラインで顧客データの蓄積・活用ができる「クラウド型DMP」が一体化したDMP(データマネジメントプラットフォーム)サービス。価格は都度見積もりとなる。

  • サービスの概要

 ファンサイト構築システムでは、Facebook、Twitter、YouTubeなど、企業やブランドの公式SNSアカウントに投稿されたコンテンツを自動取得しパネル表示ができる機能や、ユーザーに表示されるレイアウトを見ながら直感的にページ作成ができる機能などを搭載した独自のCMSを提供する。

 これにより、企業は新たにコンテンツを用意しなくても、見応えのあるファンサイトを短時間で作成できるという。ファンサイトを訪問したユーザーは、SNSアカウントやメールアドレスを利用してファン登録をすることで、限定キャンペーンに参加したり、ブランドの最新情報をメールで受け取ったりすることが可能になるとしている。

  • BRANDCoで構築したコーセーの公式ファンサイト

 また企業は、ファンサイトでのコミュニケーションを通じて得た顧客データをクラウド上に蓄積し管理できる。アンケートの調査結果やキャンペーン参加履歴などのデータをもとに、それぞれのファンの企業やブランドへの“好意度”を測り、分類化できるようになる。これらのデータベースは、CRMの最適化やプロモーション施策、ターゲティング広告の配信といったさまざまなマーケティング活動に活用できるとしている。

 今後は、BRANDCoで蓄積した顧客データと、企業が独自で保有するプライベートDMPを連携させる機能を、10月から試験的に提供し、2015年から本格的に提供する予定。また、蓄積した顧客データの高精度なテキスト解析システムや外部DMP/DSP事業者との連携なども予定しているという。

-PR-企画特集