logo

高性能開発ボード「MIPS Creator CI20」を使ってみた--「Raspberry Pi」への新たな挑戦者 - 5/8

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎2015年01月08日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電力消費

 このデモは、MIPS Creator CI20のグラフィック性能と、電力消費の低さを示すために設計されたものだ。

 Debian上で動作するこのPowerVRのデモは、このボードのGPUが、たとえばガラスによる光の屈折で背後にある3Dイメージがどう変化するかをシミュレーションするといった、さまざまなシェーダーやグラフィック効果を処理する能力を持っていることを示している。

 このデモではフレームレートは安定していた。見てのとおり、電力消費量も2.5Wを超えることはなかった。
Scroll Right Scroll Left

電力消費

 このデモは、MIPS Creator CI20のグラフィック性能と、電力消費の低さを示すために設計されたものだ。

 Debian上で動作するこのPowerVRのデモは、このボードのGPUが、たとえばガラスによる光の屈折で背後にある3Dイメージがどう変化するかをシミュレーションするといった、さまざまなシェーダーやグラフィック効果を処理する能力を持っていることを示している。

 このデモではフレームレートは安定していた。見てのとおり、電力消費量も2.5Wを超えることはなかった。

提供:Nick Heath / TechRepublic

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]