logo

アップルの2014年--重要な出来事が数多くあった1年を振り返る - 8/11

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年12月26日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「OS X Yosemite」と「iOS 8」

 Appleは2014年、モバイルOSとデスクトップOSをアップデートした。スマートフォンとタブレット向けにシンプルにデザインされたiOS 8が9月に、デスクトップとノートブック向けのソフトウェアOS X Yosemiteが10月に、それぞれ公開されている。

 これらの新OSは、Appleデバイス同士がより緊密に連携できるように開発されており、ユーザーは異なるAppleデバイスを使って同じプロジェクトにアクセスし、更新することができるほか、ファイルの共有も可能で、スマートフォン、タブレット、ノートブックを使って「iMessage」テキストや電話に応答することもできる。

 iOS 8は、デザイン責任者のJony Ive氏と新しいソフトウェア責任者のCraig Federighi氏の指揮下で開発された2つめのiOSメジャーリリースだ。Cook氏は2012年、iOSの前責任者のScott Forstall氏を解雇した。その理由の1つは、Forstall氏がAppleの「Maps」公開時の失敗について責任を取ろうとしなかったことだ。

 iOS 8に対するアップデートが原因で一部のiPhoneユーザーがセルラーサービスに接続できなくなる障害が発生したが、そのアップデートはすぐに撤回され、数日後に新しいソフトウェアがリリースされた。

 写真は、6月に開催されたAppleのWorldwide Developers ConferenceでiOS 8を披露するAppleソフトウェア責任者Federighi氏(左)とCEOのCook氏。
Scroll Right Scroll Left

「OS X Yosemite」と「iOS 8」

 Appleは2014年、モバイルOSとデスクトップOSをアップデートした。スマートフォンとタブレット向けにシンプルにデザインされたiOS 8が9月に、デスクトップとノートブック向けのソフトウェアOS X Yosemiteが10月に、それぞれ公開されている。

 これらの新OSは、Appleデバイス同士がより緊密に連携できるように開発されており、ユーザーは異なるAppleデバイスを使って同じプロジェクトにアクセスし、更新することができるほか、ファイルの共有も可能で、スマートフォン、タブレット、ノートブックを使って「iMessage」テキストや電話に応答することもできる。

 iOS 8は、デザイン責任者のJony Ive氏と新しいソフトウェア責任者のCraig Federighi氏の指揮下で開発された2つめのiOSメジャーリリースだ。Cook氏は2012年、iOSの前責任者のScott Forstall氏を解雇した。その理由の1つは、Forstall氏がAppleの「Maps」公開時の失敗について責任を取ろうとしなかったことだ。

 iOS 8に対するアップデートが原因で一部のiPhoneユーザーがセルラーサービスに接続できなくなる障害が発生したが、そのアップデートはすぐに撤回され、数日後に新しいソフトウェアがリリースされた。

 写真は、6月に開催されたAppleのWorldwide Developers ConferenceでiOS 8を披露するAppleソフトウェア責任者Federighi氏(左)とCEOのCook氏。

提供: <span>Getty Images</span>

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]