logo

アップルの2014年--重要な出来事が数多くあった1年を振り返る - 5/11

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年12月26日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
純粋な新製品をついに発表

 9月のiPhone 6イベントでは、重大な発表がもう1つあった。同社にとって2010年の「iPad」発売以来となる新しいカテゴリの製品「Apple Watch」だ。

 Apple Watchは2015年前半に発売予定で、価格は349ドルから。それによりAppleは、既に競争が激化しているウェアラブル市場に参入することになる。この市場では、Fitbit、LG、サムスン、Motorolaなどが既にスマートウォッチやフィットネスバンドを発売している。

 Cook氏は9月のイベントで、Apple Watchは「包括的」な健康およびフィットネスデバイスであり、トランシーバーであり、「Apple TV」ストリーミングボックス用リモコンであると説明した。これらの要素だけでも、現行のスマートウォッチとの差別化要因となる。既存のスマートウォッチは、歩数の計測や通知の表示、基本的なアプリの実行といった機能しかないものが多い。とはいえ、Apple Watchはハイエンドのニッチ製品になってしまう可能性もある。安価なスマートウォッチが既にいくつも発売されているからだ。
Scroll Right Scroll Left

純粋な新製品をついに発表

 9月のiPhone 6イベントでは、重大な発表がもう1つあった。同社にとって2010年の「iPad」発売以来となる新しいカテゴリの製品「Apple Watch」だ。

 Apple Watchは2015年前半に発売予定で、価格は349ドルから。それによりAppleは、既に競争が激化しているウェアラブル市場に参入することになる。この市場では、Fitbit、LG、サムスン、Motorolaなどが既にスマートウォッチやフィットネスバンドを発売している。

 Cook氏は9月のイベントで、Apple Watchは「包括的」な健康およびフィットネスデバイスであり、トランシーバーであり、「Apple TV」ストリーミングボックス用リモコンであると説明した。これらの要素だけでも、現行のスマートウォッチとの差別化要因となる。既存のスマートウォッチは、歩数の計測や通知の表示、基本的なアプリの実行といった機能しかないものが多い。とはいえ、Apple Watchはハイエンドのニッチ製品になってしまう可能性もある。安価なスマートウォッチが既にいくつも発売されているからだ。

提供: Getty Images

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]