logo

オーリックとユミルリンク、デジタルマーケプラットフォームで協業

井指啓吾 (編集部)2014年07月03日 10時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オーリック・システムズとユミルリンクは、ウェブ行動解析とメールマーケティング分野において技術および販売・マーケティングで協業し、デジタルマーケティングシステムを共同提供すると発表した。

  • 連携システムのイメージ

 このシステムは、オーリックのウェブ行動解析マーケティングツール「AuriQ Campaign(オーリックキャンペーン)」と、ユミルリンクのメール配信システム「Cuenote FC (キューノートFC)」間でセグメントされた顧客リストを共有したもの。メールの受信・開封からウェブサイトのクリック、サイト内の行動、コンバージョンまでの顧客の一連の行動を分析しながら、効果的なメールコンテンツの作成、配信先の最適化など、メール配信計画の立案や見直しができる。

 AuriQ Campaignはウェブログデータ(非構造型)とフォーマットの異なる業務データ(構造型データ)を連携できるため、基幹システムにある顧客データベースや売上データなどを統合して分析することで、ECサイト、会員向け情報配信、O2Oなどの幅広いニーズに対応可能なデジタルマーケティングが実施できる。また、解析対象のページにタグを貼るなどの追加作業は不要で、携帯電話やスマートフォンの顧客行動も同一指標で分析できるという。

 第1号ユーザーとして、夢展望による導入が決定している。顧客ニーズや嗜好性をより正確に認識し、セグメント化することが目的だという。

-PR-企画特集