logo

アップル、「iPad Air」の新作テレビCM2本を公開

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年05月27日 11時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、「iPad Air」のさまざまな利点をユーザーにもっと詳しく知ってもらいたいと考えている。

 Appleは米国時間5月25日、同社の「Your verse」キャンペーンの一環として、iPad Airの新テレビCM2種類を開始した。このマーケティング活動は1月に開始されたもの。そのときに制作されたテレビCMには、映画「いまを生きる」でのRobin Williams氏の独白の一部が使われていた。

 その最初のテレビCMの中で、Williams氏は「その力強い演劇は続く。そして、君もその一編に貢献できるかもしれない」と抑揚を付けて言う。そして、同氏とAppleは、「あなたの一編はどのようなものになるのだろうか」と問いかけていた。

 Appleは5月25日夜のゴールデンタイムに放送された新しいテレビCMで、その問いかけに答えた。前回の広告と異なり、今回のテレビCMには、翻訳機能の使用例を示す場面を除いて、言葉を発するシーンは含まれていない。その代わりに、クラシック音楽がBGMとして流れており、登場人物が日常生活を営むシーンが流れる。もちろん、登場人物はiPadを使っている。

 Appleの多くの広告と同様、同社の今回のテレビCMもマーケティングというより短編映画のような印象を与える。テレビCMの1つには、クラシック音楽の指揮者兼作曲家であるEsa-Pekka Salonen氏が登場する。Salonen氏は、ロンドンのフィルハーモニア管弦楽団で首席指揮者と芸術顧問を務めるほか、ロサンゼルスフィルハーモニー管弦楽団の名誉指揮者でもある。テレビCMの中で、同氏はさまざまな場所を旅しながら、iPad Airを使って作曲する。

 2つ目のテレビCMには、聴覚障害を持つ紀行作家Cherie King氏が登場する。King氏はiPad Airを携えて飛行機で世界中を旅行し、写真撮影や会話の翻訳、「FaceTime」通話、ブログ記事の執筆をする。

 King氏はAppleのサイト上で、「iPadのおかげで、私はより冒険的で自発的な旅行者になった。そして、私はまさに出発しようとしているところだ」と述べている。

 両CMについて、Appleは30秒と60秒のバージョンを制作した。ユーザーはAppleのサイトや「iTunes」を通して、Salonen氏やKing氏のことをもっと詳しく知ることもできる。

 Appleは6月2日からWorldwide Developers Conference(WWDC)を開催する。しかし、新型タブレットを秋に発売する同社の近年の計画を踏襲して、WWDCでは新しいiPadを発表しないとみられている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]