logo

「Surface Mini」、クアルコム製チップ搭載か

Brooke Crothers (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年05月08日 11時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iPad mini」の携帯性に対抗する初のMicrosoft製「Surface」タブレットの登場をすべてが予感させている。新たに米国時間5月6日に流出した詳細情報は、SurfaceがQualcomm製チップを搭載する予定である一方、Intelが別の新製品を強化するとしている。

 Bloombergの報道によると、Qualcomm製チップを搭載するSurfaceが初めて登場することになるという。これまで、Surfaceと「Surface Pro」のモデルは、それぞれNVIDIAおよびIntelのプロセッサを備えていた。

 偶然ではないだろうが、市場に出ている唯一ほかの「Windows RT」ベースのタブレットであるNokia (Microsoftに買収されている)の「Lumia 2520」は、Qualcommのプロセッサを使用している。

 このことは重要な特徴となる。なぜなら、Lumia 2520のQualcomm製シリコンがVerizonとAT&Tの両方で4G/LTEの機能を提供しており、新しい「Surface Mini」もRTをベースにする可能性があるからだ。

 モバイルのブロードバンドは、残念ながらSurfaceタブレットに欠けている機能だ。Microsoftは3月、ついにSurface 2のLTEモデルをリリースしたが、AT&Tのネットワークにおいてのみ利用できるものだった。

 しかしQualcommは、Surfaceの新モデルに搭載される唯一のシリコンとなるわけではない。Bloombergによると、Intelも5月20日に予定されている発表会に参加する予定であるという。

 それでも、Intel内蔵モデルの設計について詳細はまったく明らかになっていない。「Surface Pro 2」にはIntelの「Haswell」プロセッサが搭載されているが、Intelは、さらに省電力のクアッドコア「Bay Trail」Atomプロセッサをタブレット向けに提供している。

提供:Microsoft
Surface 2。MicrosoftのSurfaceは登場以来、サイズが10.6インチの1つしかないが、それが変わろうとしている。
提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]