logo

コインの代わりに「Coca-Cola」の空きボトルで動くアーケードゲームが登場

Amanda Kooser (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年05月01日 11時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バングラデシュのダッカは1500万人の人口を抱える。ここはリサイクルへの関心が高いことで知られる場所ではない。この状況を少し改善するため、Coca-Colaはコインではなく空のプラスチックボトルだけを受け付ける、クラシカルなアーケードゲーム機を開発した。スロットは、プラスチック製の「Coca-Cola」ボトルにぴったりのサイズ仕様に作られている。

 「Happiness Arcade」と呼ばれるこのマシンは、6日間にわたって市内6カ所に設置された。これは、これまで作られた中で最新のビデオゲーム体験をまさに提供してくれるというわけではない。このゲームは「Pong」によく似ており、通常の動くパドルの代わりに小さなCoca-Colaのボトルを使うところが異なっている。

ゲームをプレイしようと行列する人々
ゲームをプレイしようと行列する人々
提供:Video screenshot by Amanda Kooser/CNET

 このキャンペーンを支援する広告代理店Grey Dhakaは、このマシンがどれほど大きな影響を及ぼすかを見極めるのは難しいと認め、次のように記している。「持続可能性に関する極めて実験的なマーケティングのように、今回のキャンペーンも実際のROR(return on recycling:リサイクルがもたらす利益の意)という基準で測ることは難しいだろう。結局のところ、このキャンペーンは全て、関心の向上に関わることなのだ」

 この実験に関するレポートによると、マシンが稼働していた6日間に数千本のボトルが回収されたという。これらのボトルは再生プロセスを通してペレットへと変えられ、他のプラスチック製品に再利用できるようになる。

 このリサイクルアーケードマシンのコンセプトは、より大規模なキャンペーンの一環として、世界の他の地域で展開される可能性がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]