logo

日本初・世界初の電化製品を振り返る--電球編:東芝未来科学館から - 3/18

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 国産初の白熱電球、明治23年(1890年)頃。エジソンの指導を受けた藤岡市助は、東芝の前身である電球製造会社「白熱舎」を設立した。エジソンが日本の竹を用いたと聞き、竹フィラメントの炭素電球を日本で初めて製造した。100V/5燭(しょく)から100V/100燭までの電球。1燭は、かつて使用されていた光度の単位で約1カンデラ。ロウソク1本の灯りが1燭相当に由来する。

 国産初の白熱電球、明治23年(1890年)頃。エジソンの指導を受けた藤岡市助は、東芝の前身である電球製造会社「白熱舎」を設立した。エジソンが日本の竹を用いたと聞き、竹フィラメントの炭素電球を日本で初めて製造した。100V/5燭(しょく)から100V/100燭までの電球。1燭は、かつて使用されていた光度の単位で約1カンデラ。ロウソク1本の灯りが1燭相当に由来する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]