logo

日本初・世界初の電化製品を振り返る--家電・AV機器編:東芝未来科学館から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 2014年1月31日、ラゾーナ川崎東芝ビルに東芝未来科学館がオープンした。東芝研究開発センター内にあった旧東芝科学館から、川崎駅から徒歩1分のアクセスしやすい場所に移設。歴史資料展示のみならず、最新技術を誰もが予約なしで無料体験できるスポットへと進化した。今回は、東芝の歴史と日本近代科学技術の歩みが見られる「ヒストリーゾーン」を中心に、世界初、日本初の冷蔵庫や洗濯機、カラーテレビ、ラップトップPCなど「1号機」を振り返る。

 なお、製品を紹介する中で、いくつか会社名が登場する。現在の東芝の前身となる「東京芝浦電気」は、1939年(昭和14年)に発足。当時同じ三井財閥(銀行)の系列下にあり、提携関係にあった「芝浦製作所」と「東京電気」が合併したもの。1984年、東京芝浦電気の略称である「東芝」へと社名変更した。詳細はウェブサイトに記載されている。

 2014年1月31日、ラゾーナ川崎東芝ビルに東芝未来科学館がオープンした。東芝研究開発センター内にあった旧東芝科学館から、川崎駅から徒歩1分のアクセスしやすい場所に移設。歴史資料展示のみならず、最新技術を誰もが予約なしで無料体験できるスポットへと進化した。今回は、東芝の歴史と日本近代科学技術の歩みが見られる「ヒストリーゾーン」を中心に、世界初、日本初の冷蔵庫や洗濯機、カラーテレビ、ラップトップPCなど「1号機」を振り返る。

 なお、製品を紹介する中で、いくつか会社名が登場する。現在の東芝の前身となる「東京芝浦電気」は、1939年(昭和14年)に発足。当時同じ三井財閥(銀行)の系列下にあり、提携関係にあった「芝浦製作所」と「東京電気」が合併したもの。1984年、東京芝浦電気の略称である「東芝」へと社名変更した。詳細はウェブサイトに記載されている。

-PR-企画特集